選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2021一次選考作品

『まんが訳 酒呑童子絵巻』大塚英志、山本忠宏

  • 「「コマを割って絵巻物がまんがに!」との帯のコピーそのままの驚きを味わっていただきたいです。よもや、こんな手法があるのかとの新鮮な驚き。時代によってメディアの見せ方が違うものを、「まんが訳」により鮮やかに蘇らせた、といっても過言ではないです。というのは、ちょうど妻に道成寺縁起の大蛇の説明をした直後だったので、この本があれば説明早かったのに!と感じてました。でも、巻末の監修者によると、「絵巻物はまんが・アニメの起源ではない」と。奥が深い!」

▲ ページの先頭へもどる