選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2021一次選考作品

『ひとりでしにたい』カレー沢薫、ドネリー美咲

  • 「設定的に「やや手遅れ気味な「逃げ恥」』なのでは......。実家の余裕からイマイチ危機感がないあたり、身に覚えがありすぎました。」

    「お仕事マンガや食マンガ、ある意味ハウツー本に近い、物語プラス雑学を楽しむジャンルが増えてニッチ化する中で、遂にココまで来たか感のある『終活』がテーマ。しかも、おひとりさまの終活。親の世代ですら『風呂場でスープになった状態で』発見される可能性がある事を考えると、知っておかねばならない事は目白押しで、特に同世代女子には配って歩きたくなる一冊です。取り敢えず、うっかり死ぬ時はソファーで!」

▲ ページの先頭へもどる