選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2021一次選考作品

『ハクメイとミコチ』樫木祐人

  • 「縁やつながりのある生活を改めて考えさせられる世界観。生活の中の愉快さを感じさせてくれる作品。」

    「素晴らしく綿密にねり練られ、そして描かれているSF。本当にこういう世界があるような気さえしてきます。現に僕は、この作品に出会う前よりも、木の葉の裏側や、地面の小さな穴に注目することが増えたような...。それぐらい「説得力」がある漫画です。小さな世界に暮らす、小さな存在たちの、瑞々しい暮らしぶり。僕たち人間よりも、日々を、そして瞬間を大切に、楽しんで暮らしているように感じます。憧れてしまうような「暮らし」が、ハクメイとミコチの世界には確かに存在しています。」

▲ ページの先頭へもどる