選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2021一次選考作品

『峠鬼』鶴淵けんじ

  • 「古代倭国を舞台に描かれるファンタジー漫画。残酷さと可愛らしさが同居する神々がとても魅力的。」

    「これも「鬼」ものか......と何の気なしに読み始めたら、例の超ヒット作とは趣が違うものの、これはこれで掘り出し物。「古代倭国ファンタジー」にしてはキャラの言動が現代的なので、最初ちょっと戸惑うでしょうが、だまされたと思って2巻の最後まで読んでみてください。おおっと驚き、最初から読み返したくなること請け合いです。 主人公は陰陽道の祖・役小角。小角と言えばおなじみ前鬼・後鬼ですが、後鬼が人間の少女というのはかなり意外だし、前鬼の少年キャラも大変好感持てる。倭の国の神々のデザインも凝っていて、まさに「ハルタ」っぽい濃密な世界観を味わえます。SFではないのに、「ああ、アレか!」とSFオタクの琴線に触れるところが随所にある。まだそれほど話題になっていないのが不思議なくらい。今からツバつけておくのが吉です。」

▲ ページの先頭へもどる