選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2021一次選考作品

『天国大魔境』石黒正数

  • 「巻が進むにつれて謎な部分が少しずつ解けていくのですが、一方で別の謎も出てくるので続きがすごく気になる作品です。新しい巻が出るたび前の巻も読み直してるような気が・・・。完結したとき絶対にもう一度通して読み直すだろう作品です。」

    「2019年「このマンガがすごい!」で、1巻しか出ていないにも関わらずオトコ編1位になりましたが、多くの人に手に取ってほしい読み時は「今」ではないでしょうか。初期に張り巡らされた伏線が回収されつつ、あらたに生まれる謎にページを捲る手が止まらない。荒廃した世界にふさわしい、ドライな筆致にも痺れます。」

    「だいすき。大傑作を約束された作品だと思ってます。すきすぎて語彙力がなくなるくらいのやばSF。完結まで走りきってほしい。」

    「AKIRAへのオマージュということだが、謎が解けたり謎が謎をよぶストーリーにはまってしまう。」

    「謎だらけの2つの世界が、巻を重ねるごとに徐々に近づいてきて、少しずつベールがめくれていくような感覚。シンプルで可愛らしさもある絵柄と、その分残酷さが浮き彫りになる石黒作品。早く続きが読みたい!」

▲ ページの先頭へもどる