選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2021一次選考作品

『アンデッドアンラック』戸塚慶文

  • 「少年漫画王道的異能力バトルもの。まだたった4巻とは思えない展開の速さと濃いストーリーでぐいぐい引き込まれます。毎回クライマックスという勢いがすごい!」

    「「単行本4巻めの展開じゃない」など、そのお話の盛り上がり方から早くも話題になっている、異能力を持った「否定者」たちと世界そのものとの対決のお話です。戦いを終えるごとに歴史や常識が書き換わっていくお話の規模の大きさ、それでありながら主人公の風子ちゃんとアンディの絆をしっかりと描くエモな展開。週刊少年誌において未曾有のスケールと密度、速度を持った、異形の漫画です。」

▲ ページの先頭へもどる