選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2018一次選考作品

『ヒャッケンマワリ』竹田昼


ヒャッケンマワリ (楽園コミックス)

「内田百閒作品のコミカライズではなく、百閒の周りの風物・人物を玩味するコミックエッセイ。軽やかな描線が目に心地いい。」

「雑誌『楽園』連載時から好きだったけど、こうやってまとめて読むとまたさらに面白い! 一條裕子先生の『阿房列車』も良いけど、『阿房列車』シリーズだけでなく百鬼園先生自体が好きな人にはこちらもおすすめ! 黒澤明の『まあだだよ』と一緒に読むと至福のひとときが訪れます。」