選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『重版未定』川崎昌平


重版未定

「おそらく企画書や台割の余白に退屈しのぎに書かれた落書きから生まれたのだろう。シンプル過ぎる線で描かれたキャラたちが、生々しい弱小出版社の本音をダダ漏れし、日々営々と編集作業に精を出す。何かをしているような、何もしていないような、編集者という職業の持つ本質的な空虚さを表出しているような気がしないでもない。」