選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『凪子の話』後藤


凪子の話 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

もったいないと思う。BLレーベルで発売されてしまった事が。物語は凪子という女性が主人公なのだ。まさに凪子の話なのだ。男性にも是非読んでほしい。愛情と友情の微妙な関係と、ほんのちょっとだけの我儘。切ない。個人的には橋口亮輔監督「渚のシンドバッド」、三浦哲郎「忍ぶ川」、吉野朔実「瞳子」といった作品と近い印象を受けました。