選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『少年ラケット』掛丸翔


少年ラケット(7)(少年チャンピオン・コミックス)

「ど直球の少年卓球マンガ!ワクワクしながら読んでます。必殺技みたいなのがいっぱい出てきますが基本的に卓球の理屈に乗っ取ってるので無理がなく、卓球が好きな人に一番にオススメしたいマンガです。そして卓球を知らない人にも勧めたい。少年マンガとして楽しく読めます。今更とおもう方もいるかもしれないですが、私は去年やっと知りました。もっと評価されてほしい!本屋さんでもあまり目立つ位置にみかけない気がする...。今まで知らなかった自分をタコ殴りしたい。」

「スポーツ(こちらは卓球マンガです)を題材にした作品は、その競技を知らないと置いてきぼりになることがあるのですが、こちらは丁寧に分かりやすく展開されます。記憶を失った主人公、昔また試合することを約束したライバル等々、少年マンガの王道の要素満載ですが、全く飽きることなく新鮮な気持ちで読み進めました。普段スポーツマンガは苦手...と敬遠してる人にも絶対に楽しんでもらえる作品です。」