選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『悟りパパ』澤江ポンプ


悟りパパ 1 (ヤングジャンプコミックス)

「夫婦と息子の3人の、どこにでもある家庭の日常漫画。ただひとつ違うのは、パパが悟りを開いた仏様だということ。「仏滅はR指定」「生かされている」などの名言や、ついついくすっと笑ってしまうエピソードあり、疲れた心に染み入るありがたーい作品。あぁ、「ピカー!」して欲しい。」

「脱サラして専業主夫、とてもやさしくて、悟っているパパと、そんなパパが大好きな一人息子の梵くんと、働き者で二人を見守るママ。家族の日常をほのぼのと描いたコメディです。内容はコメディですが、私にとっては癒されるとともに、出会えたことに両手を合わせてお礼が言いたくなるような作品です。「仏滅は悟りの力が落ちる」とか「仏の顔と無料のピカーは三度まで」など、笑える話もありますが、慈悲深い振る舞いと、煩悩だらけの私の核心を突いてくるようなパパの言葉に、惚れてしまいますよ。」