選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『傘寿まり子』おざわゆき


傘寿まり子(1) (KCデラックス BE LOVE)

「80歳のおばあちゃんの物語なのに、とっても青春してます。高齢化社会の問題を真っ正面に描いている部分もあり、正直読んでいてしんどいシーンもありますが、まりこさんのかわいらしさ(おばあちゃんなのに!)に救われます。この年齢だからこそ、こんなに魅力的。まりこさんの冒険から目が離せません。是非、是非!まりこさんより年下の人みんなに読んでもらいたいです!かなしいことはたくさんあるかもしれないけど、でもがんばれるかも、なんて思わせてくれる優しい作品です。」

「三世代同居しつつも孤独な老後、次々といなくなってゆく同世代など、高齢者特有の実態や社会問題が背景に見えつつも、弱ることなく新たに人生を切り開こうとするまり子さんの姿が印象的で勇気づけられました。傘寿ということで漫画の主人公の枠や、漫画そのもの可能性もまた広がったように感じられます。まだ一巻、物語は始まったばかりですが、いまから注目したい作品です。」

「ヒロインが80歳。それだけでもう、どんなマンガか気になって読んでみたいと思いませんか?だれもが避けては通れない「老い」という道に待っている絶望と希望。家出、ネカフェ生活、続けてきた仕事と向き合うこと、捨て猫との暮らし、手に入れた恋・・・80歳のまり子先生が選んでいく道。その道に待っている大冒険から目が離せません。読んでいて、とにかくドキドキするマンガです。」