選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴


鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)

「週刊少年ジャンプ枠......というわけでもないのですが、年にいくつかはめちゃくちゃ印象に残る新連載が絶対にあります。流石ジャンプといいますか、伊達に日本の少年マンガを背負ってないといいますか。今年もいい感じの新連載が多く始まっていましたが特にヤバいと思ったのがこの作品です。舞台は大正、制服に日本刀、鬼と戦う秘密の部隊......とか、割とよくやられている感じのモチーフであるにはあるのですが、世界観とガチっと噛み合った唯一無二の絵柄もあって、今現在でも週刊少年ジャンプ誌面でどぎつい(誉め言葉)存在感を放っています。マンガの魅力って、主人公に対して「目が離せない」と如何に思わせるかという部分が大分担っていると勝手に思っているのですが、ここの主人公の炭治郎くんは近年まれにみる目が離せなさなのです。まず、このマンガ、敵がかなり強いんですが、炭次郎くん序盤はそんなに強くない。めちゃくちゃ根性があって優しくていい子なんですが、経験がないから強くないし、そんなに主人公主人公したスーパーパワーもない。⇒この子大丈夫なの?? となります。必然的に。次に、炭次郎くんは妹の禰豆子ちゃんと一緒に旅をしているのですが、この禰豆子ちゃんがちょいと困り者で、鬼です。正確には鬼になりかけというポジションなのですが、鬼は人間に仇なす不倶戴天の仇敵。そんな世界にあって妹が鬼です。炭次郎がピンチのときはキックで戦ったりするのですが、鬼をやっつける組織にいる炭次郎くんが、身内に鬼がいるなんてことがバレたら一大事です。普段はすこし小さくなって箱にしまわれて炭次郎くんが背負って歩いている(事実です)から見つかりづらいのですが、そんなタブーを隠しながら行動しているということが、またお話をスリリングにしています。敵は強くてグロいし、主人公たちが歩いてるだけでドキドキするし、けっこう心臓に負担掛ける系マンガではあるのですが「ここでやる!?」みたいなタイミングでたまに入るギャグとか、愚直すぎてむしろ面白い炭次郎の性格とかでほっこり成分が補給できるので楽しく読める作品です。異能系バトルマンガでない、キャラクターとドラマで魅せるどこか懐かしくもニューエイジなジャンプ漫画でございます。」