選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『春の呪い』小西明日翔


春の呪い 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

「悪口ではなく、なんというか、割とテンプレートで過剰で、若い人(10代)向けの漫画なんだろうなと感じているのに、どうしてこんなに響くのだろう。うまく説明ができない。それは「どうしようもなく好きになる」ことの引力ゆえ、だろうか。わからない理由を含めて誰かと話したくなるマンガかもしれない。わからないまま、だからこそ薦めます。」

「1巻が衝撃的に面白い。感情移入しないのにこんなに面白いってすごい。絵もキャラクターも魅力的だし。本当にこれからに期待が高まる作家さん。」

「周囲が反対しても、世間から良く思われなくても、本当に一緒にいたい相手と出会ってしまったら...。とても重いテーマの作品なのに、夏美と冬吾のやりとりはどこかおかしくて笑えます。読み始めたら結末が気になって一気に読んでしまいたくなるはず。」