選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『ドリフターズ』平野耕太


ドリフターズ  5巻 (ヤングキングコミックス)

「異世界に集められた者達の戦い(ざっくり)。適当な感じで「ヒラコー版魔界転生」と人に説明していたら、そこに「シヴィライゼーションレボリューション」の要素が加わってきて説明に困る......。片方だけに文明が進んで、それはそれで面白いけれど、あまり進みすぎてもつまらないから、個人的にはフリントロック辺りで止まって欲しい。ああ、でも、飛龍&紫電改の出撃も見たいしなー。歴史好きもそうでない人も、あれこれ考え過ぎて悶々と過ごせる楽しい漫画です。」

「2012年、2015年 と刊行すらされない年があるのに、昨年にはアニメ化までされてしまった。その作風もあって、一般にどの程度認知されているかわからないが、死生観まで含めた圧倒的なスケール感とエンターテインメント感にグイグイ引き込まれるのは相変わらず。どうかコンスタントにコミックスをリリースし続けて頂きたいという気持ちを込めて。」

「歴史上の傑物同士が仲間になったり争ったり。史実を知るものはその組み合わせを楽しみ、知らなくても魅力ある登場人物たちの活躍はいちいち熱い!しかもそこにドワーフやエルフが居るって、なんでもありかよ、と。人類の進化とファンタジーを混ぜた異色中の異色作。文句を言いたいのは刊行ペースが遅いことだけ(苦笑)。」