選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2017一次選考作品

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』永田カビ


さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ

「こういう心を剥き出しにしたマンガの読んでてヒリヒリする感覚が本当に大好き。「こう生きることしかできないからこう生きてるんだ!」って姿に勇気をもらってます。突き詰めた自己分析がこうして芸に昇華されるのを見ると、ああマンガって凄い表現だなあとしみじみ感じます。」

「タイトルから受ける印象に反し(?)実に真摯な一種の闘病記。生きづらく、心を開けず、自分を大事にできず、これだけの葛藤と混乱を抱えながらも、自分のこじれた心と泥沼のあがきをクッキリ面白く描き出してみせる技量とセンスに感服。ラストに希望は見えるが、続刊「一人交換日記」(小学館)を読むと、まだまだ道半ば。それでも痛い自分と向き合う作者を応援したい。」