選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2016一次選考作品

『亜人ちゃんは語りたい』ペトス


亜人ちゃんは語りたい(2) (ヤンマガKCスペシャル)

「亜人というジャンルで描かれているけど、この漫画って結構人権教育的な側面があると思うんですよね。亜人って持って生まれてきた変えようのない普遍的なものでしょ。否定とか肯定するものでなく。んで、それがマイノリティだからこそ多くの人がわからない悩みを抱えてる。思春期だから、悩みスキル+5くらいに悩んでしまう。それを主人公の先生が、ああそうなんだ~とありのままを受け止めてる。無駄に励ましたり、アドバイスしたりせず、かといって否定もせず。マイノリティとのかかわり方ってこういうのが理想とおもうんですよね。人は人自分は自分という考えありきで、かといって腫れ物に触るようでなく・・いい本にであえたなと思った一冊でした。」

「モンスター娘以降、地味に増加傾向の亜人ジャンルの次世代を担うのではないかという期待を込めて。」