選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2016一次選考作品

『決してマネしないでください』蛇蔵


決してマネしないでください。(2) (モーニング KC)

「自分がドラマ化されるために生きているような人間に、面白い人はいない。目的を淡々と追求していく人が、面白く、そして恐ろしい。現代の理系トホホ話から、科学を盲信して既存の価値観をぶっ壊しまくる登場人物たち(いいぞもっとやれ)が次々と登場し、そしてその人達の行動の基盤となっているのが、現代の学生のスケールをはるかに超えた歴史上のサイエンティストたちですが、彼らの偉大さ、はいやもっともっと輪をかけてクレイジーだったんだ、と知る瞬間。ドリトル先生とジキルとハイドのモデルが同じ科学者だったなんて!出てくる実験が実際にできる、けど、絶対にマネしないでください、って、こんな痛快な話、ありますか!」