選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『かわうその自転車屋さん』こやまけいこ


かわうその自転車屋さん 1 (芳文社コミックス)

「坂の上にある一見カフェに見える自転車屋さん「ストラーデ・ビアンケ」。店長のかわうそさんがとにかく可愛い。パンク修理をする時にも小さいの桶の中ででびしょびしょになりながら作業したり、噴水の中で泳いだり。カフェに集まるお客さん達と一緒にほのぼのしつつ自転車に詳しくなれるおすすめの一冊。」

「文字通り、かわうそ店長がやっている自転車屋さんのお話なのですが、ここのカフェ(中でカフェもやっている)のパンケーキとピザが強烈に美味しそうなのですよ!特に山岳パンケーキ超級(10枚重ね)はいつかチャレンジしてみたいー!
ところで、上に書いた『超級』ってなんだと思います?これは自転車レースで最上級に難易度の高い(つまりは険しい)山岳区間のことを言います。そう、店長のやっている自転車屋さんは、ママチャリからロードレーサー、クロスバイクやリカンベント(寝そべって走る自転車)の取り扱いまでがあるのです。こやま先生自身が自転車に乗っている方なので、一般の人にもわかりやすく色々な自転車の話が描かれていて、またマンガとしてもとても面白いという、一冊で二度美味しいマンガなのでした。自転車に興味のある方は、ぜひ手に取ってみてください!」