選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『バレス・メイヂ』久世番子


パレス・メイヂ 3 (花とゆめCOMICS)

「架空のメイジパレスに住む若く美しい帝(女性)と、そのおつきの青年との淡い恋心を描いたこの作品を私はずっと愛してきたのですが、巻数を重ねるにしたがってどんどん面白くなってくる......!最初は似て非なる日本国の話だったのですが、3巻ではロシア皇太子の襲撃事件が発生。それを収めようと動く彰子さま(帝)のカッコよさ!そしていじらしさ。もっとたくさんの人に読まれていいマンガだと思います。どこかで手にとっていただけたらなあと思います。」

「帝に仕える少年を描いた作品。陛下に対して抱く恋心、設定もしっかりしており続きが気になる作品です。」

「心を込めて丁寧に仕立てられた服のように、隅々まで面白いです。」

「実在の資料を調べて、パラレルワールド的な明治時代をリアリティをもって描いている。公と私、身分差といった古典的な歴史もののシチュエーションではあるが、新鮮に読めてしまう。」