選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『夕空のクライフイズム』手原和憲


夕空のクライフイズム 3 (ビッグコミックス)

「サッカー漫画は多くある中、これほどマニアックなものは中々お目にかかれないと思います。 だからといってマニアにしか読めない内容かというとそんな事もなく、守備0攻撃10ととても分かり易く楽しく美しいサッカーを目指す監督の元、主人公たちは奮闘して行きます。その監督の娘でコーチでもあるヒロインの雨ちゃんもトレードマークのおかっぱと太股を引っ提げてチーム(特に主人公!)をサポートします。 果たしてチームの変革は成功するのか!? 」

「随所に出てくる小ネタがサッカー好きの心をくすぐる。勝つサッカーより魅せるサッカー!どちらが良いか人それぞれ。楽しんでやるに越したことはないし観客は試合が面白ければ負けても納得するものだ。(個人的感想)きっと著者はこの作品を楽しんで書いている。(個人的妄想)マニア受けで終わってしまうかもしれない。でも楽しんで書いている(個人的妄想)作品が面白くないはずはない!とにかく読んで欲しい。サッカーを知らない人でもこれを読めばきっとサッカー通になれる!きっと(個人的願望)」