選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない』宮崎 夏次系


夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニング KC)

「読むたびに気が滅入るが、また読みたくなる世界。」

「流れるようなコマ割りと、独特の感性が心を揺さぶります。」

「物語すべてが切なく、愛おしい。著者の「愛」に包まれた短編作品。特に「リビングにて」は不覚にもうるっときてしまった。ずっと手元に置いておきたい漫画。」