選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『孤食ロボット』岩岡ヒサエ


孤食ロボット 1 (ヤングジャンプコミックス)

「とあるチェーンの定食屋が独身者用にポイント賞与としてプレゼントされる孤食ロボット。かわいくて、口うるさくて、少し切ない。読後感は心の端が少しだけギュッとなるものでした。」

「手間暇かけて自炊して、誰かと食べるご飯はやっぱり美味しい。食事について向き合う時間に、じんわりとします。うーん、あんなロボットがいたら欲しいかも。」

「ひとりぼっちの食卓に寄り添ってくれるかわいくて、小生意気な世話焼きオカンのようなロボットの物語です。なんだか疲れたなというときも読んでいるうちに、じんわり暖かくなって、まあ、明日もがんばりますかという気分になれます。ごはんがおいしくなる一冊です。」