選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『コンプレックス・エイジ』佐久間結衣


コンプレックス・エイジ(2) (モーニング KC)

「リアルなコスプレイヤーの心理描写。共通のコミュニティに属する居心地が良いが面倒な人間関係を的確に描く。共感できる点も多々あり、おすすめ。」

「1巻で読んで「うおー!」ってなりましたまじめ&完璧主義の女の子に読んで欲しい的な気持ちで投票おもしろいです」

「主人公たちが熱中しているコスプレのみならず、「他人におおっぴらにできない(と自分で思っている)趣味」に熱中している全ての人に読まれるべき作品。楽しくて好きなことを、なぜ人に知られたくないのか。なぜ悪いことをしているわけではないのに後ろめたいのか。なぜ仕事と分けているのに非難されるのか。それが正しいか間違っているのか、賞味期限があるのか否か、決めるのは誰なのか。
向き合ってもイタいことばかりだけど、目を逸らせないので、傷だらけになりながら読み進めたい。」