選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2015一次選考作品

『春風のスネグラチカ』沙村広明


春風のスネグラチカ (F COMICS)

「 この人の作品は、傑作『無限の住人』を除くと、えぐ過ぎたりエロ過ぎたりおふざけが過ぎたりと、非常に推しにくいのだが、こんなに真面目な作品も描くんだ!(失礼)と驚愕した一冊。歴史に材をとりながら、どんでん返しの連続というミステリー構造も見事で、小品ながら実に中身が濃い。それでいてちゃんとエロくて変態なのも素晴らしい。」

「1933年のソヴィエト連邦を舞台として、湖畔の別荘に住む2人──車椅子の少女と寡黙な青年の運命を描く歴史ロマン。重厚なストーリーと率直な"あとがき"の配合もこの著者らしい。」