選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2014一次選考作品

『たくのこ』花輪園人


たくのこ (アフタヌーンKC)

「三人の兄弟が自宅で繰り広げる「アドリブによるごっこ遊び」のマンガです。こう書いてもどんなマンガかピンとこないと思います。このピンとこない感じがこのマンガのキモだったりするのです。類書があまり無いので物語がどういう展開をしていくか不明で、先が読めたとしても、必ず作者はその裏をかいたオチを持ってきます。 読んだことのないタイプのマンガなんで、展開にいちいち感心してしまう。」

「わが道をゆく天才肌。次回作ではどんなアイディアで楽しませてくれるのか期待が高まる。個人的には2013年の最高傑作でした。」