選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2014一次選考作品

『月刊少女野崎くん』椿いづみ


月刊少女野崎くん(3) (ガンガンコミックスONLINE)

「「無骨な男子高校生は乙女な少女漫画家でした。」これだけで、気になる謳い文句。普段4コマ漫画は、ほとんど読んだことがないのですが、電子書籍で立ち読みして、その時点で大爆笑。ツボにはまりました!佐倉千代が野崎君に告白したところ自宅に呼ばれてドキドキ。でも、まさかマンガのアシスタントをさせられるなんて!!実はなんと野崎君は可憐な少女漫画を描く、大人気作家だった!でも、繊細な乙女心はちっともわかってない、恋愛初心者で天然な野崎君。というあたりがまた何とも言えなくて。どの話も笑いが止まりません。」

「4コマまんがから押し。往年の少女まんがの名作「藤臣くんシリーズ」の藤臣くんがもしも少女まんが家だったら?みたいな無骨男子キャラが圧倒的におもしろいです。」

「四コマ漫画。登場人物が全てボケのため、漫画内ではボケっぱなしのままが多く、画面外で読者が突っ込みながら読む。なので、楽しく騒いでいる人たちを横で見ている感じで、「楽しそう。自分も中に入って一緒に騒ぎたい」と思わせる魅力に満ちている。」