選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『あじさいタウン』木村リノ


あじさいタウン1 (マイクロマガジン☆コミックス)

「面白いとかそういうのを越えて、ともかく相性がいいというか、ずっと前から友達だったような作品。エイリアン、宇宙人のヌっさんが音楽に触れたきっかけがプリンスだったこと、バックステージの様子が映画「パープルレイン」を思い起こさせるところ、そしてあの初めてバンドとなる第3 話のセッションシーン。ミミコのベースから、ガンっ!と始まるあの瞬間、ポリスのPVを思い起こさせるようなシンプルだけど、うねりが伝わるタダっさんのドラム。あーコレコレ!と、言葉が要らない友達のような感覚を与えてくれます。そしてなによりもすごいのが、彼、バンドが実際に存在していること。あじさいタウン、彼は実際に活動していて、CDも出ていて、ライブの音源もある。そこに収録されている曲の制作過程がマンガになっていて、これはどんな音なのかな?と思ったら、そこにある!イメージソングじゃなくて、彼らの、あじさいタウンのそのものの音がある!こんな作品ってありましたか?しかも制作途中のデモ版までyoutube で聴ける。次元を越えたとよく言われるアオリですが、まさにそんな作品。そして友達になりたい!と思わせるヤツら。彼のライブがあればぜひ行ってみたい。もしインタビューするなら、普通にやらない。bounce のようにやってやる。正直、最初に彼らの音楽を聴くのが怖かった。もし聴いて変な音楽だったらどうしようとビビっていた。でも思い切ってyoutube にアクセスした時、「ロンリーナイトフィーバー」のベース音が流れた時、「あああ!このベースだあー!」と、まさにあのセッションシーンでのミミコの迫力あるベースのイメージと同じ音が流れてきたんです。これは感動でした!リツオのけだるそうな表情で歌う彼の姿ぴったりな、けだるそうなボーカルもイメージ通り。おそらくこのボーカルは木村先生ご自身と思いますが、ともかくマンガの世界の彼らが現実に存在しているすごさ。重ねて言いますが、次元を超えた存在、作品。それがあじさいタウンなのです。ああ、重要なこと。CDジャケットを意識した装丁、そしてこれまたプリンスっぽい、いや明らかに意識したと思われる全てのページを紫に印刷した装丁。それがまた自分にとって本作をより素敵なものにみせています。今回はこれだけ語りたかった。面白いです!とは言いません。でもなんだろう、肌の合う人には、ずっと仲良くしたくなるいいヤツ的な存在の作品です。長文失礼しました。」

「友人に勧められて最初読んでみましたが、これはグッと来ました。バンドってこんな形なんだよねって思う。自然な感じ、とにかく自然な感じなのです。たとえ、ベーシストが宇宙人だったとしても、そんな事は関係なくて音楽なんだなって。ヌッさんのオリジナルなエフェクターも気になる所ですが、このマンガから実際にアルバムが発売されていて、これがまた脳髄にググっときます。サイトもバンド感が半端ないです。陰湿パーティーナイト、いい曲です。音楽からマンガに入ってもいいんじゃないかな。」