選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『青空にとおく酒浸り』安永航一郎


青空にとおく酒浸り(7) (リュウコミックス)

「ネタのやばさに目がいきがちですが、SF・ギャグ・バトルがいいバランスで、楽しい。ま、確かに他の作品だと躊
躇するようなネタが多いのは確かですが。」

「去年も1 次で投票してたのでちょっと迷ったんですが、続きが読みたい一心で今年も入れます。続きが気になって、
かつ、(続きの方向が)読めないんですよこの作品。ちょっといいはなしとか、考えさせられる作品、とかでは全
くなくて娯楽としてとてもいいマンガです。」