選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2013一次選考作品

『さきくさの咲く頃』ふみふみこ


さきくさの咲く頃

「間違いなくふみふみこの現時点での最高傑作。強く突き放されたような読後感は、決して気持ちのいいものではないけれど、しこりになりずっと心の中に残り続ける。連載終了後、本人に会う機会がありなかなかに難産だったと聞いた。それはそうだろう。そう何度も描けるようなものではないことは、一読すればすぐにわかる。こういう作品に出合えたことを幸せに思う。」