選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『VIVO!』瀬川藤子


「自らが望まない教師になってしまった主人公と、それぞれが様々な理由を抱えて学校になじめない生徒達の物語。「学校」と言う逃げ場の無い場所の中でどう立ち回っていくのか、何も考えていない(風に見える)主人公がこの先、どう言う風に周りを変えて行くのかが楽しみな作品です。」

「生徒からしたら、やな先生なのかもしれないなーと思いましたが、社会人からしたら、「そうそう。俺もそうありたい!」と思わせてくれる痛快学園クレバー教師マンガ。この解釈正しいのかな。読んでみてください。特に学生。」