選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『しずかの山』愛英史 松本剛


「今作では原作者がいますが、松本剛先生の作品はいつも人間の弱さや目をそらしたいものをちゃんと描くので読んでいて心が締め付けられるのですが毎回読む手を止めれません。そしてやっぱり今回もそうでした。登山っていう死と隣り合わせのテーマで、より一層自分と向き合わされる登場人物たちの姿、自分の中身をさらけ出してのりこえようする先に見えるものを今作でどう描くのか最後まで見届けたいです。」