選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『う』ラズウェル細木


「『酒のほそ道』などの鉄板シリーズから脱却し、「うなぎ」一本で勝負をする潔さ。調理法のバリエーションが少ない「うなぎ」という素材をちょっとしたうんちくとエピソードの面白さだけで押し通す。「旨そう!」「食いたい!」という本能が刺激されまくる、ある意味料理マンガとして最高の作品。」

「遂にこの境地にまで達したのか・・・うなぎを食べるだけの漫画があるなんて・・・食べ物を題材にした漫画は数多くあるけれど、本当にうなぎしか出てこないのです。うなぎを食べれる幸せと同じくらいこの漫画を読めることに幸せを感じるが、うなぎを食べにいく事に対してハードルが高く感じてしまうため、すぐには食べる事が出来ない現実にふと戻されてしまう・・・」