選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『ひらひら 国芳一門浮世譚』岡田屋鉄蔵


「浮世絵師・歌川国芳の豪放磊落で面倒見がよく粋な姿、入水しようとした青年・伝八が抱える過去と一門の兄弟分とのやり取りの中で育まれるもの。表紙だけを見ると年配の方向けかと思ってしまうが、中の絵柄はそこはかとなく色気がありしっかりとしている。肉感的な身体の表現も上手い。」