選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『羊の木』いがらしみお


「凶悪犯の社会復帰を目指すために 11 人を受け入れる過疎化した地方都市...。犯罪は環境が起こさせるものなのか、それとも犯罪者自身の内に秘められた何かがさせるものなのか、そんな二つの仮説の間を行ったり来たりしながら読んだ。日常生活の中でじっくりと描かれていくのかと思いきや、のろろ祭りという奇祭が絡んでくることになる。読後感は決して良くないけれど、ああ、次巻どうなるんだ...。」

「今もっとも続きが気になる漫画。山上たつひこさんの原作はすでに完結していて、作画のいがらしみきおさんは全体を見渡しながら漫画が描けるとのこと。どおりで読ませ方がうまいと思いました。」