選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『ハッピーエンドアパートメント』えすとえむ


「映画みたいな話。マグノリアやラブ・アクチュアリーとかが好きな人にはおすすめ!ひとつの場所(幸せ通りの突き当たりにあるアパート「ハッピーエンドアパート」)で繰り広げられる、住人たちのそれぞれのストーリー。1 つ 1 つが素敵なお話しでハッピーでとっても温かい気持ちになります。えすとえむ先生のおしゃれな人物や小物の絵もさることながらカンヌ国際映画祭でパルム・ドール賞をとった Underground を思わせる「音」の部分とかなんだかとってもかっこよくってわくわくする作品集でした。」