選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『帝一の國』古屋兎丸


「「尊い夢」に向かって、全身全霊、全力で取り組むことのたくましさを教えてくれる作品。たくましすぎて吹き出すほどの破壊力は是非味わっていただきたいところ。生きていくうえで必要なものは財力と政治力、それと・・・なんでしょう?今後の展開に期待!!」

「とにかく、主人公帝一が本気過ぎて真面目に狂気!ツッコミ所が多過ぎて、何回読んでも笑える。」

「絵がとても独特なので好き嫌いは分かれるかもしれません。でもストーリーが面白いんです!生徒会の派閥や権力争いが熱い!その世界に引き込まれて気付くと真剣に読んでいたりします。絵が苦手と言わずに読むべし!」