選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『たいようのいえ』タアモ


「超不器用な主人公とそれがほっとけない鈍感な幼なじみの社会人。扱ってる問題は重いけど、ちょっとあたたかくなってそれがだんだんたくさんになっていくのがいいです。オレンジ色がまさにぴったり。」

「家族を主題とした作品が最近増えているなあと思いつつ、その中でもお気に入りの佳作。ヒロインがかわいい。個人的に小学館時代からずっと追っかけてきた作家だけに本作のヒットは感慨深い。」