選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『大正ガールズエクスプレス』日下直子


「ジャンル化できない、他で一切見たことがない、そんなものを読みたくてマンガを読んでいるのですが、この作品、「大正時代の女学生、大金持ちの娘とまったく無一文の娘が、教養と絵の才能を持ち合って、新聞を作る活動をとおして様々な問題を解決する」ってもう、アグレッシブにもほどがある!見てて爽快な行動力の主人公たちがそこにいるのも確かなのですが、その行動力の裏にちょっとしたカナシミや悔しさも見えて、どーにも愛しい。荒削りっていえば荒削りなのですが、それって、とんでもない可能性を秘めてる、ってことでもあるんじゃないですか......?」