選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2012一次選考作品

『関根くんの恋』河内遙


「30 代を目の前にして、「こんな恋愛ええなー」と思った 27 歳の自分。やっぱり、恋愛漫画のベタベタさは、こちら側の妄想をより拡大させてしまうのでは無いでしょうか。同じサラリーマンとして、関根くんのキャラクターには羨望の眼差しを送らざるおえない。あー、うらやましいー」

「稀代の残念男・関根くん。そのスペックを活かしきれずに、溢れる色気に自分で気付かず、ただただひたすらに残念をふりまくそのさまは、見ていて悶える。萌えというのはこういう体のよじれを起こすものだと気付かせてくれた作品。」

「関根の残念すぎる思考と、残念すぎる行動に憐れみと若干の母性をくすぐられる。残念なイケメンすぎる。」