選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『路地恋花』(麻生みこと)


「麻生みことの人情話は、軽いのに芯があって、心にすとんと来る。そしてつい泣いてしまう。京都の町屋を舞台にしたこの物語もそう。小道具も可愛らしい。」

「非常にクローズな環境におけるそれぞれの恋愛模様をのんびりと描写している。それが京都の雰囲気とマッチしており、読んでいるだけで京都の空気に触れている気がしてくる。」

「「モノ」を創る人たちのことを、心の底から尊敬しております。私なんかがそんなことを言うのもおこがましいのですが、日々の鍛錬、努力、そういうものの上になりたっている人の「恋愛」って、やっぱり強くて美しい。地味だけどぐっとくる、そして背筋が伸びる。そんな漫画です。」

「実は昨年一番、人からプレゼントされた漫画が「路地恋花」でした。まあ、私が京都人って事もあったのでしょうが、それを差し引いても、面白かったです。女性は、もちろんですが、掲載誌が男性誌ということもあり男性でも楽しく読めると思います。関係無いですが、装丁もすごく凝っていて良かったです!」