選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『僕はビートルズ』(藤井哲夫、かわぐちかいじ)


「ビートルズに対する歪んだ愛と背徳にドキドキします。」

「あの伝説的バンド、ビートルズを題材にかつてないストーリーを展開。かわぐちかいじが自ら作画に名乗りでた気持ちがわかる。」

「最初は、よくある感じのタイムスリップもの?なーんて思ってたんですがとんでもない!気がついたらモーニング本誌で一番先に探して読んでます。この先、二つのバンドの未来から目が離せません!」