選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『VINLAND SAGA』幸村 誠


「精神的な傷を背負ったひとりの少年と、境遇はことなるが同じように孤独を抱える少年王の物語。いわゆる善人は出てこないリアルな展開に引込まれる。」

「 毎回挙げさせていただいていますが、今回で投票できるのは最後になってしまうんでしょうか。「愛」を描かせたら世界一じゃないでしょうか。残酷さに誤解せず、読み進めてほしい作品です。」

「あの『プラネテス』作者の連載ということで既にマンガ読みの間では名の知られた作品ではあるが、マンガ大賞にエントリーできるのは今回が最後!ということで駆け込みで推薦。最新刊の第8巻では長きに渡る序章がついに終わり物語にも一区切りがついたので、まだ未読の人はこの機会に是非一読を。」