選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『3月のライオン』羽海野チカ


「ほんわか人情話、渋いオヤジ連に加え、ドロドロ恋愛も? 目が離せません。あとネコがかわいい。」

「伝えたい事があります・・・やはり、羽海野先生は天才です。どうして、こうもまでココロをキュンキュン言わすのでしょうか。うーん。それはIt's majic」

「いよいよ、零くんが、始動!とにかく、棋士たちが、揃いも揃って、かっっっこいい。子供から老人までこんなに素敵に描けるなんて、すばらしい。お話もいよいよ本格的に勝負の世界へ。将棋、ぜんんぜん詳しくないんですが、関係ないね。ねこちんたちが教えてくれるの、にゃ。」

「このマンガは本当に胸が締め付けられたりキュンとしたりほっとしたり優しい気持ちになったりです。若き将棋のプロ零君の心の中のポッカリと空いた深い穴。深かったり浅かったりにしろ誰でも持っている心の穴に凄く響くうマンガだと思う。あと、余談で申し訳ないのですが羽海野先生にネコマンガ描いてほしいです!」

「 登場人物の心の中が回をます毎に複雑に絡み合ったり、変化したりと、その心理描写と話の展開が私を飽きさせないマンガ。そして、何より猫がとんでもなくかわいい。あの、フクフクとした猫たちは毎度、私の心をくすぐります。」