選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『町でうわさの天狗の子』岩本ナオ


「主人公は、クラスのさわやかな男子に想いをよせたり、仲の良い友人と助けあったり、新しい仲間とぶつかりあいながらも友情を深めたり、父親の都合で将来の進路に悩んだりする、どこにでもいそうな普通の女の子。ただ父親が天狗なだけ...。突拍子もない設定なのに「これって意外と誰でも経験することかも」と思わせてしまうバランス感覚。天狗が住む世界と主人公が住む世界を同一地平上に描いてしまう力量は素直に凄いと思います。」

「2008年、読んでよかったベスト。絵で嫌がられそう(特に少女マンガを読まない人に)だが、会話が本当に上手で、脇役すべてにいたるまでかわいらしいと思ってしまうほど。「雨無村役場産業課兼観光係」とも迷ったが、群像劇として巧みな「天狗」に軍配を上げた。」

「人間も物の怪も、自然に共生している空気が物語にあふれているところが好きです。そして田舎の高校生の恋愛て、こんなんだよなと田舎出身の身としては懐かしくなる漫画です。」

「東北と思われる田舎町の役場(!)を舞台になんともキラキラしたストーリーが展開する「雨無村役場産業課兼観光係」(既刊1巻)もあって、どっちにしようか迷ったのですが、マンガ大賞の性格を考えて見た目が取っつきやすい本作を推します(村役場よりは高校を舞台にした方がやはり...)。ただし設定は飛び抜けて突飛。なんせ主人公は女子高生なのに天狗の子ですから。「ホームセンターをこよなく愛する」イケメン彼氏とか系の小技の利いたキャラクター設定もいちいち面白い。とぼけた味わいはくせになります。イラストっぽく感じる時もあるのに、実に達者で線画(ペン画)の快感を感じさせてくれる描線も快感です。」