選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『ちはやふる』末次由紀


ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)

「作家さんの情熱がひしひしと伝わってきます。3人がとても活き活きと描かれていて、これからの3人の成長がとても読んでいて気になります。ストーリーもテンポも良くいので一気に世界観に引きずり込まれました。そして、作者からのメッセージがいっぱい詰まった作品に心揺らされました!!!」

「文化系コミックが人気となった昨年、新しい文化系コミックとして、競技かるたを題材にしたこの作品。本格的にかるたをし、そのかるたを通して、成長していく主人公達がまっすぐで、健気で純粋で、とても元気になるコミックです。今後の展開が気になる作品です。」

「か、感動しました!少女マンガでスポ根もの、しかもかるた競技の団体戦とは!ひとりの天才の物語というわけでなく、皆で努力して一つの目標に向かっていく、その頑張りに打たれました。キャラも絵も物語も、すべてが素晴らしい。」

「競技かるたはある意味スポーツ。真剣に取り組む事の楽しさ、かるたを通して培われていく思い。胸を熱くさせます。」

「まっすぐな主人公が『百人一首』『かるた』という、一見地味ながらも熱く激しいスポーツさながらの競技に自分の居場所を見つけ成長していくストーリーで、美しい絵柄と巧みな構成、繊細な人物描写に釘付けになります。そして、勝負のドキドキや恋心のドキドキにとにかく胸が高鳴ります。少女漫画の王道。この漫画家さんがまた戻ってきてくれたことに、感謝。」

「競技かるたを題材にした、少女漫画と少年漫画的スポ根の幸せな結婚。主人公の真っ直ぐな想いがさわやか。」

「聴力、記憶力、反射神経がものを言う熱いスポーツ(?)、百人一首競技かるたを題材にした青春ストーリー。かるたを通じて「一生懸命になること」「仲間と一緒にがんばること」「勝利をつかむこと」の気持ちよさに目覚めていく3人の様子は、読んでいるこちらまでどきどきして、惹きこまれてしまいます。2巻からは高校生に成長し、友情だけでない3人の関係が描写され、どんどん物語が広く深くなってきます。面白いです!」

「「自分のことでないと夢にしたらあかん。のっかったら駄目や」「賭けてから言いなさい」涙腺殺し文句満載。」

「正統派少年漫画顔負けの純粋熱血バカ主人公。その主人公のかるたに対する情熱と豊かな喜怒哀楽に引き込まれ、読み出したら止まらない。競技かるたが実は100枚の札のうち50枚しか使わないなど、自然と競技かるたのルールや戦略に詳しくなっていく構成もうまい。主役級キャラ3人のみ突出して尋常じゃない美形に描かれていて、そこは正統派少女漫画の流れを感じる。」

「競技カルタという題材が新鮮です。絵もキャラも構成も文句なく、自然に引き込まれます。素直に面白いです。次が楽しみ。」

「最初は、百人一首なんてよくわからないから面白いのかな?なんて思って手にとって見たが、すぐに惹き込まれてしまった。とにかく熱い!カルタの事がまったくわからない自分でも「やってみたら面白そう」だと思わせてくれた。ちはやの直向な気持ちが読者さえも同じ世界に連れて行ってしまう。ただ一つの事にまっすぐ向かって行くちはやの行動になにか胸を熱くされました。勇気や元気をくれるマンガです。」

「昨年読んだマンガの中で一番、心が震えた。1巻を読んで、思わず会心のガッツポーズを決めたほど。以前の著作はほぼ未読、だから食指が進まずだったが、表紙のインパクトに惹かれて手に取ったのが当りでした。1巻の、子供時代を描いたあたりが大好きです。まっすぐに打ち込むことができる、ある意味子供時代のの特権のようなきらきらした時間が、そこには確かに存在しています...!」