選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『くらしのいずみ』谷川史子


「今年は完全に谷川史子イヤーであったと断言します!その中から、特に好きなこちらを推してみる。少女漫画的夫婦生活を描いています。」

「少女誌や女性誌で活躍されていて、その枠から出る事がないだろうと思っていた作家さんを青年誌に持ってきた編集さんも凄いのですが、それ以上にそれに応え、たくさんの男性読者に「おもしろい」と言わせた作家さんの力量に感服しました!!!読み終わった後の読感は、何とも心地良かったです!」

「谷川先生のオムニバスはやっぱり最高!!今回も様々なアプローチから結婚生活を描いています。よくもまあ思いつくなと思いつつも、まぁ結婚生活って人それぞれだし生活に密着しているからそれぞれ物語があるのかもしれないです。恋愛+生活=結婚ってことなのかも。問題がありつつもほのぼのしてしまうのも味です。」

「とにかく泣きました。何度読んでも泣ける。世界と人間の「善なるもの」を、強い意志をもって信じる著者。甘ったるい夢ではなく、地に足のついた希望。」