選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞

『アオイホノオ』島本和彦


「自分の好きな漫画の時代の話なので、読んでてこみ上げて来るものがある。もちろん笑いも(笑)。」

「「漫画、アニメを超える芸術など皆無!!」に思わず頷いてしまいました。いつものド熱血な島本節に1980年代初頭の実際の風景(「ナイン」が連載中!!)が相まってグイグイ引き込まれます。今後の主人公"焔燃"の苦悩っぷりとヒロイン"トン子さん"との恋愛に期待してます!」

「自分が何にでもなれるという幻想は消えたものの、では自分は何ができるのだろうかと悩む青年時代の葛藤する心理をうまく描いている。80年代の実在のエピソードを入れることによって、当時の時代の熱気やリアリティも獲得している。」