選考作品へのおすすめコメント
マンガ大賞2019一次選考作品

『呪術廻戦』芥見下々

  • 呪術廻戦 3 (ジャンプコミックス)

  • 「ジャンプ作品(プラスも含めて)、2018年当たり年だったのでは?と思ってるんですけど、その中の筆頭的作品。バクマン風に言うなら、王道でもあり邪道でもあり、読む人によっていろんな楽しみ方ができるのがすばらしいです。連載前の短期連載(0巻収録分)がめちゃくちゃすきです。」
    「バトルものの熱さと、ジャンプ漫画っぽくないダークファンタジーが見事に調和している。また登場人物の見せ方や、登場人物間の会話の端々に作者のセンスを感じる。」

▲ ページの先頭へもどる