選考作品へおすすめコメント

マンガ大賞2018一次選考作品

『人間失格』伊藤 潤二・太宰 治


人間失格 1 (ビッグコミックス)

「太宰治の「人間失格」をコミカライズしているのだが、人間失格ってホラーだったのか!と再発見させられる驚愕の内容。これは失格だわ......と誰もが納得させられるひどい絵面の連発で、おぞましくも笑えてくる。」